手についた漆は水で洗ってはいけない!漆の落とし方を紹介


漆を使った作業をしていて手や周りに漆がついてしまったとき、どうやったら落とせるのかわからない方がほとんどで水で洗ってしまうと思います。

今回は漆の落とし方についてご紹介します。


皮膚についた漆の落とし方

手などに天然漆、人工漆がついてしまった場合、水洗いはせずに、「テレピン油」「シンナー」「ベンジン」などの揮発油で拭きとってください。


水で洗っても取れませんし、さらに固まってしまうので注意してください。


家具などに漆がついた時の落とし方

この場合も皮膚と同じで「テレピン油」「シンナー」「ベンジン」などの揮発油を使って優しく拭き上げてください。ついてから時間が経っている漆は揮発油で拭くくらいではほとんど取れません。

ヤスリなどで削るしかありません。


漆が皮膚付いた場合に起こる症状

すぐに漆を落としたとしても、皆さんが知っている通りかぶれてしまうことがあります。


漆とかぶれについては「なんで漆はかぶれるの?漆の特徴と対処法について」こちらの記事をご覧ください。


まとめ

今回は漆の落とし方についてご紹介しました。皮膚についた場合落とせたとしてもかぶれてしまうことはあるので、漆を扱う際は注意を払いましょう。