top of page

スープカップの選び方




スープを飲むときに専用のカップを使わない方も少なくないと思います。専用のカップを使えばカフェのような雰囲気でご飯の時間も楽しくなります。 そこで今回は、スープカップの選び方とおすすめの商品を紹介します。


スープカップとマグカップの違い

スープカップとマグカップは見た目が似ているので、マグカップをスープカップの代わりに使っている方も多いはずです。スープを入れる器は自分の好きな物を使えばいいですが、スープカップとマグカップの違いを説明しておきます。


スープカップの形状は、マグカップと比べて飲み口が広くなっています。これは、アツアツのスープを飲むときに冷ましながら飲めるようになっているからです。 具だくさんのスープを入れることを想定して、マグカップよりも容量が多くなっているのも特徴です。


一人前のスープの容量

家庭でスープを作るときに、大体の量をざっくり作っていると思います。一人前の分量をあらかじめ把握することで、スープカップを購入したのに大きさが合わなかったという失敗を防ぐことができます。


一般的にスープを作るときは300ml前後のスープカップが適しています。容量が300ml前後のスープカップは、朝食やランチのサブとして使うと大きすぎず余裕のあるサイズになります。


ランチやディナータイムには、大きめのサイズを選ぶと使いやすいです。ミネストローネやポトフなどの具だくさんのスープも好きなだけ入れることができます。


また、市販されているインスタントのカップスープは約150mlなので、小さめのスープカップやマグカップで十分です。普段どんなスープを作るか考えながらスープカップの大きさを選んでみてください。


スープを入れる器の種類

スープを入れる器には大きく分けて3つの種類があります。


・スープカップ 深めのお皿に取っ手がついているもの


・スープマグ スープ以外に紅茶やコーヒーにも使えるもの


・スープボウル ディナーのスープ、具だくさんのスープなどを入れるのに便利なもの


深めのもの、丸みを帯びたもの、台形のものなど様々なデザインのものが販売されています。サイズや形状は特に決まっていませんので、自分好みの使い勝手が良いスープカップを探してみてください。


スープカップの選び方

形や大きさ以外にも、スープカップ選びのポイントは色々あります。自分にはどんなスープカップが向いているか確認しながら選ぶと後悔しないと思います。


保温性の高い物を選ぶ

休日の朝やディナータイムなどにゆっくりスープを飲むなら、できたての温かさを長く保てる保温機能あるスープカップはいかかでしょうか。


温かいスープが冷めてしまうと、あまり美味しく感じられなくなってしまいます。真空断熱構造のスープカップなら、時間を気にせずにゆっくりとスープを味わうことができます。


電子レンジ・食洗機対応のものを選ぶ

電子レンジや食洗機対応のものは忙しい朝にぴったりです。昨晩の残ったスープをレンジで温めるだけで、料理の手間がかからず朝食として食卓に出すことができます。


また、スープを飲んだ後は汚れがこびりついて浸け置きしておかないといけませんが、食洗機対応なら食事に洗う必要もなくなります。


シーンに合わせて選ぶ

スープカップを持ち上げて食べる場合は、カップが軽いほうが持ちやすく落としにくいです。スープカップをテーブルに置いたまま食べるときは、重みがあるカップの方が安定して手に当たってこぼれる心配もありません。


アツアツのスープをこぼして火傷しないように、小さなお子さんがいる家庭ではカップの重さにも気を付けて選んでください。


材質で選ぶ

スープカップには様々な材質のものがあります。 材質ごとにそれぞれの特徴を押さえて自分にピッタリのスープカップを見つけてください。


・陶磁器 陶磁器製はスープカップで代表的な材質です。飲み口がツルっとしていて口当たりが良いのが陶磁器の特徴です。


・金属製 金属製は丈夫で割れにくいところが特徴です。


・紙製 紙製は軽さが特徴です。パーティーやアウトドアで持ち運びや使い捨てをするのに便利です。


・土物 土物は表面の凹凸が特徴で、手作りのような風合いも魅力的です。


・木製 木製は、ほっこりあたたかみがあるのが特徴です。熱いスープを入れても手に持ったときに熱くてもてないなんてことはありません。


シンプルな色を選ぶ

スープカップの色は、白色がおすすめです。清潔感があり他の食器と合わせても自然でどんなスープとも相性がよく美味しそうに見えます。シンプルな色のスープカップは毎日の様に使っても飽きることはありません。


また、クリーム色や黄色などの暖色系のスープカップなら温かみが生まれます。ほっこり温まりたい寒い日にぴったりです。


収納しやすいものを選ぶ

家族の人数分スープカップがあると収納スペースが確保できずに悩んだことがある人も多いはずです。特に取っ手のあるスープカップは場所をとってしまいます。


スタッキングタイプのスープカップなら、重ねるだけで見た目もキレイに収納でるのでおすすめです。


蓋やソーサー付きのスープカップ

スープカップの中には、蓋やソーサー、スプーンがセットになったものが販売されています。セットで販売されているものは、統一感が出てオシャレに見えます。蓋つきなら、スープがすぐに冷めてしまうこともありません。来客用として用意しておくと便利です。


まとめ

お気に入りのスープカップがあれば、スープを作るのもスープを飲むときも楽しい時間が過ごせると思います。素敵なスープカップを見つけてください。

bottom of page