top of page

コーヒーカップの選び方





自宅やオフィスでコーヒーを楽しむ際、すこしでもコーヒーカップにこだわりたいですよね。 いざ買おうと思うといろいろあってわからないかたが多いと思います。 今回はおすすめのコーヒーカップと一緒にカップの選び方について詳しくご紹介します。


コーヒーカップの特徴

コーヒーカップはコーヒーのおいしさや香りを楽しむために工夫がされています。 コーヒーの抽出は92℃前後が一番おいしいと言われており、保温性を上げるためカップの背が高く厚みがあるのが特徴になってます。


香りも飛んでしまわないように飲み口は狭くなっており、底から飲み口まで同じ幅の筒型のものが多いのも特徴です。


ティーカップとなにが違うのか

ティーカップは紅茶のおいしさを楽しむために工夫がされており、コーヒーと淹れ方が違うためカップ自体も違うものになります。 抽出温度が95℃以上の沸騰したお湯ということだけあってコーヒーとは逆に少しでも冷めるようにカップの口が広く、薄くなっています。


紅茶はコーヒーと違って透明度が高いのでカップの内側にもきれいなデザインが施されているものが多いです。


しかし最近ではどちらにも使えるカップも販売されています。 形はどちらかというとティーカップに似ているのですが、全体的に厚みがあります。


コーヒーカップの選び方

ここからはコーヒーカップの選び方をご紹介します。 コーヒーカップといってもたくさんの種類があるのでまずはコーヒーカップの種類を簡単に一つ一つご紹介します。


コーヒーカップの種類について詳しく知りたい方は「コーヒーカップの種類はこんなにある!」こちらの記事も合わせてご覧ください。


レギュラーカップ

レギュラーカップは、喫茶店でブレンドコーヒーを頼んだときによく使われています。ソーサーというお皿がセットになっているのが特徴です。


容量はドリップコーヒーの分量の目安が120ml~130mlであることから、この容量になっています。


物によって厚みなどに違いがあるので、コーヒーの風味に合わせて使い分けることが多いようです


エスプレッソカップ

容量が少なく、エスプレッソコーヒーを楽しむためのカップをエスプレッソカップと呼びます。 冷めやすいので保温性を高めるため厚みのある作りになっています。


マグカップ

レギュラーカップよりも大きく、ソーサーを使わないものがマグカップになります。 デザイン性もほかのカップに比べ富んでいて、たくさんの材質のものがあります。 スープを飲むときにも便利です。


カプチーノカップ

カプチーノカップは、保温性を高めるために厚みのあるカップが特徴です。ミルクによって温度が下がらないようにするためです。


また、ラテアートをするためにカップの飲み口が広いものや、ミルクを注いだ時に美しく流れるようにするためにカップがカーブしているデザインのものが多くあるのも特徴です。


素材の違い

形以外にも素材の違いもあります。 コーヒーカップもいまではいろんな素材で作られるようになりました。 これらをご紹介します。


ボーンチャイナ

ボーンチャイナと聞いてもわからない方がほとんどだと思います。 牛の骨灰を混ぜて作った磁器のことを指します。なめらかな乳白色で光沢があるのが特徴になります。 高級ブランドのほとんどがボーンチャイナをつかったカップを作っています。


磁器

磁器は岩に粘土を混ぜて形成し、高温で焼き上げたカップです。耐久性に優れていて吸水性ないのでシミや色移りもしにくいです。


つるつるとした質感が上品な雰囲気です。


陶器

陶器は土が原料になっていて800℃~1200℃で焼き上げるカップです。 表面はざらざらした感じで保温性に優れています。温かみのある雰囲気のカップになります。


耐熱ガラス

最近では耐熱ガラスのカップも人気がでてきています。 透明感のあるガラスの洗練された雰囲気とコーヒーの色を楽しめるのが特徴です。 コーヒーの種類ごとの専用のグラスもたくさん発売されてます。


漆器(木製)

漆器のコーヒーカップは木の素材の優しい手触りと、漆の艶やかな風合いが日常に溶け込みます。 陶器やガラスの容器とは違い、軽く、割れにくいです そのほかにも漆には抗菌作用もあります。


その他のチェックポイント

種類と材質を決めたら、あとは「容量」と「飲み口の厚さ」を見てください。


容量の目安


​レギュラーカップ

120ml~150ml

デミタスカップ

60ml~90ml

エスプレッソカップ

20ml~60ml

マグカップ

​180ml~250ml

カフェオレボウル

200ml~250ml

​カプチーノカップ

​150ml~180ml

飲み口の厚さによってもコーヒーの味わいが変わるので気にするようにしましょう。 薄いものは口当たりが軽くなるので酸味がある軽いタイプのコーヒーに合います。


逆に厚いものは口当たりがまろやかなので深みのあるコーヒーと合います。


まとめ

コーヒーカップは選ぶ種類や素材、厚みでコーヒーの味が全然違ったものになります。 自分の好みやライフスタイルに合わせてお気に入りのカップを見つけてください。

bottom of page