top of page

ワインを美味しく飲むには冷やすのか常温か、お悩み解決!





ワインは冷やすの?冷やさないの?みなさん一度は悩んだことがあると思います。 よく聞くのは白ワインは冷やして、赤ワインは常温というものですが実際はどうなんでしょうか。今回はワインがおいしく飲める温度と便利なアイテムをご紹介します。


ワインに対する常温とは

ワインのおいしい温度は種類やタイプによって違います。 よく赤ワインは常温がいいと聞きますが、常温といっても季節で違いますし、よくわからないと思います。 ワインを保存するワインセラーなどは13度前後で設定されています。このことから13度前後が常温だといわれています。


おいしく飲むための温度

ワインごとに美味しくのめる温度をご紹介します。 赤ワインの場合はボディがしっかりしたものであれば18度前後がおいしいです。冷やしすぎると渋みがでてしまうので注意してください。 フルーティなものであれば15度前後、もっとボディが軽いものであれば12度前後がおいしいとされています。


白ワインやロゼの場合は10度前後がおいしいとされています。 さっぱりしている白ワインは赤ワインと違って冷やすと味わいが引き立ちますのでワインクーラーなどで冷やしながら飲むと格別です。 スパークリングなど発泡性のものは5度くらいまで冷やしてしまったほうがおいしく飲めます。


表のほうも参考にしてください。

スパークリングワイン

6~8℃

白ワイン(甘口)

6~8℃

白ワイン(辛口)

6~12℃

白ワイン(コクあり)

10~14℃

ロゼワイン(辛口)

8~10℃

ロゼワイン(やや甘口)

6~8℃

赤ワイン(軽口)

​12~14℃

赤ワイン(中口)

​14~16℃

赤ワイン(重口)

16~20℃


ワインを冷やすには

ワインの適温がわかったところで、買ってきたワインを冷やすときどうすればいいのでしょうか。


一番簡単なのはやはり冷蔵庫で冷やすことです。


しかし、ワインは温度の変化と振動に弱いので、開け閉めが多い入口の付近は避けるようにしましょう。匂いも吸収する性質があるので匂いの強いもののそばで冷やすのも避けましょう。


もうひとつは氷を使って冷やす方法です。 ワインを氷水に漬けておくと1分につき1度下がるというデータがあります。 バケツや洗面器に氷水を貼って静かにくるくると瓶を回すとよりはやくひやすことが可能です。


ワインクーラーという、ワインを瓶のまま冷やすための容器を使って冷やすのもおすすめです。ワインクーラーはおしゃれなのでお客様が来たときなどにもインテリアになっておすすめです。 金属製やアクリル製など様々なものがありますが、漆器でできているものは珍しくおすすめなのでご紹介します。


まとめ

ワインを美味しく飲むためには温度はとても大事です。 全てのワインタイプの適温を身につけて、おいしく飲めるようにしましょう。 ワインクーラーなども使って楽しいワインライフを過ごしてください。

bottom of page