top of page

料理を美味しくみせる食器!「色について」





料理を少しでも美味しく見せる食器とはどんな食器でしょうか。 形や素材など様々な食器があります。今回はそのなかでも食器の「色」についてみていこうと思います。


白色のうつわ

白色のうつわは和洋中どんな料理にも使うことができるので、みなさん必ず持っていると思います。 しかし、毎日いろんな料理に使っているとだんだん変わり映えしなくなるのも事実です。


白色のうつわが合う料理は彩りが鮮やかな料理です。食卓が華やかになります。 また白のうつわは見た目にも軽やかなので、料理をしっかり主役として引き立ててくれます。


普段の食事は真っ白のうつわよりベージュがかっていたり、土の質感がわかるようなものを選ぶと温かみが増します。


黒色のうつわ

黒色のうつわは地味な色の料理を引き立ててくれるうつわです。 煮物のじゃがいもやにんじんは白いうつわだと茶色っぽさが目立ってしまいそうですが、黒色のうつわだと食材の色がひきしまって見えます。 グラタンやシチューのような白色の料理にも黒のうつわがぴったりです。


他にも黒色のうつわ高級に見せる効果もあるので、お客様のおもてなしに使うのもぴったりです。


カラフルなうつわ

白黒の基本的なうつわ以外にもいろんなカラフルな色のうつわがたくさんあると思います。 色ごとにどういった料理がいいのかご紹介します。


赤・オレンジのうつわ

赤・オレンジのうつわには緑の食材を鮮やかに見せる効果があります。 普通のサラダでも赤色のうつわに盛り付けるだけで、コース料理の前菜のような見た目になります。


みどりのうつわ

みどりのうつわはどんな料理にも馴染み、背景のようになってくれます。 一番相性がいいのはお刺身です。和食によく飾りとして使われる笹の葉やバランと同じ効果があります。


青のうつわ

青色のうつわは料理をくっきりと浮き立たせる効果があります。特に紺色のような濃い青色は料理が思いっきり主役になります。 水色のような青色のうつわには冷たい料理が相性抜群です。 黄色が生える色でもあるのでコーンスープなんかも盛り付けるときれいに見えます。


マスタード色のうつわ

マスタード色や黄色のうつわにはエスニック料理や多国籍料理が相性抜群です。 雰囲気が増すこと間違いなしです。


柄物のうつわ

シンプルな料理でも華やかにしてくれるのが柄物のうつわです。 柄があることを意識してしまって盛り付けが難しく、使わない方も多いと思いますがシンプルな柄であれば意外とどんな料理にも合います。 柄物が難しいという方は、中は無地で外側に柄が入っているものから使ってみましょう それだけでも華やかな印象になります。


まとめ

今回は料理を美味しくい見せるためのうつわの色についてご紹介しました。 このうつわの色を参考に素敵なテーブルコーディネートをして、おもてなしの際などに役立ててください。

bottom of page