結婚祝いに食器を贈って幸せを届けよう!



結婚祝いに食器をプレゼントしようと思っている方に食器を贈る際のマナーと共におすすめの食器をご紹介します。 最近では結婚祝いに贈る食器の意味合いが変わってきているので是非この記事を参考にしてみてください。


結婚祝いとは

結婚祝いとは、結婚が決まった、または結婚した2人にお祝いの意味を込めて贈り物をすることです。 結婚披露宴に出席する場合はご祝儀の一部がお祝いになるため結婚祝いの贈り物を別に用意する必要はありません。


ですので、結婚披露宴に出席できないけどお祝いはしてあげたい時や、披露宴に出席するけどとても仲のいい友人だから贈り物もしてあげたいという場合に結婚祝いを贈ります。


結婚祝いに食器はタブーとされてきた!?

陶器やガラス製品が多い食器は、割れて二つに別れてしまう、バラバラになってしまうという意味で、結婚祝いに相応しくないものだと言われていました。


しかし、最近ではこのような言い伝えや、縁起の部分より実用性を加味する人が増えてきたことにより食器は結婚祝いの定番の商品になっています。


定番の商品になったことで最初の意味もとらえ方が変わり、割れて数が増えるということから、子孫繁栄や幸せが増えるといった意味でとらえるようになってきています。


結婚祝いのプレゼントの予算

結婚祝いは贈る相手との関係によって金額の相場が変わってきます。


また、結婚披露宴に出席したか欠席したかによっても変化します。これはご祝儀にお祝い金が含まれているからです。 以下にまとめてみましたので参考にしてください。


結婚祝いの金額相場

関係性

披露宴に出席

披露宴に欠席

友人・同僚・会社関係

¥3,000~¥10,000

¥10,000~¥20,000

いとこ・親戚

¥5,000~¥15,000

¥10,000~¥20,000

兄弟

¥8,000~¥20,000

¥30,000~

ちなみに、自分のほうが先に結婚をして、結婚祝いを頂いている場合はそちらに合わせて同じくらいのものをプレゼントするのがマナーになっています。


喜んでもらおうと豪華すぎるプレゼントを贈るのも、気を遣わせてしまう可能性があります。


結婚祝いは今後のお付き合いに関係する大事な贈り物なので、周りに相談ができる方がいる時は相談して決めるのが1番です。


結婚祝いの食器選びで失敗しないために!

結婚祝いの食器選びで重要なのは相手の好みや、インテリアに合っているものを選ぶということです。 好みでないと箱から出してもらうこともなく保管されてしまうことがあるからです。


ご自宅に遊びに行って好みがわかっている場合はいいですが、相手の好みをしっかり聞いてから選ぶのも失敗しないために大事なことです。


縁起が悪いとされている「数字」

もうひとつ贈り物の食器選びで失敗しないために気を付けたいことがあります。 それは「数字」です。 結婚祝いには相応しくない数字があるのです。


「4」や「9」は不幸を連想するため避けてください。 また、偶数も2つに割り切れてしまうということから縁起が悪いとされています。


例外として2つのペアは「対」となるイメージが強いので大丈夫です。 「8」も末広がりという意味から問題ありません。


複数のプレゼントを用意する際は数字にも気を付けてください。


結婚祝いに漆塗りの食器は縁起がいい

結婚祝いに贈る食器のプレゼントといえば「ティファニー」や「ロイヤルコペンハーゲン」など陶器のものを想像するかたが多いと思いますが、漆塗りの食器もとても向いている商品です。


漆器は木製を土台といているので、ガラスや陶器と違い割れにくく、欠けにくいので縁起が悪いとされていた部分も補え、機能性もいいです。

また、漆は丈夫さ抗菌性にも優れています。丈夫な漆器は縁起が良く、二人の幸せを末永く願うという意味でも好評です。


まとめ

いい食器は、使うたびに幸せな気分になれる最高のアイテムです。 この記事を参考に、新生活を始める2人の暮らしを豊かにしてくれるピッタリな食器を見つけて結婚祝いにプレゼントしてください!