ひな祭りのプレゼントは何がいい?お金を包む場合の注意点と一緒に





3月3日はひな祭りです。 ひな祭りを迎えるお子さんに何をプレゼントすればいいのか悩んでしまうと思います。 今回はひな祭りでは一般的になにがプレゼントされているのか、お金を包む場合の相場などをご紹介していきます。


祖父母からのプレゼント

孫がひな祭りを迎えるのはとてもおめでたいことです。 このとき一番最初に悩むのはひな人形をプレゼントするかどうかだと思います。 ひな人形は基本的に祖父母が購入するものとなっていますが、昔と違い最近はお家の事情や夫婦間の考えもあるので、プレゼントする前に一度聞いてみましょう。


お雛様は一生ものですから、好みなども考慮にいれて相談しながら決めましょう。


親兄弟からのプレゼント

かわいい姪っ子のひな祭りにはなにかプレゼントをしてあげたいですよね。 でもなにがいいのか迷ってしまうと思います。


一般的にはおもちゃ、洋服食べ物がプレゼントとして好まれています。


しかし、おもちゃや洋服は親御さんの好みがあると思いますので、一度相談したほうがいいと思います。食べ物の場合はアレルギーに注意してください。


友人からのプレゼント

ご友人の娘さんがひな祭りを迎える際なにか贈り物したいけどなにがいいのかわからないと思います。 友人間ではちょっとした気持ち程度のものをあげるのが一般的です。


高価なものをプレゼントすると逆に相手方を困らせてしまうことがあるので、大切にしたいのはほどよい贈り物というところです。


ほどよい贈り物としてはハンカチやお菓子などが定番になっているようです。


プレゼントにお金を包む場合

初節句はおめでたい行事なので、お金を包んで贈ることももちろん問題ありません。 ではどのように渡すのがいいのでしょうか。


初節句に限らずお祝いの場でお金を贈るときはきちんとした包みに入れるのがマナーです。 包みにいれず直接渡すのはマナー違反になるので注意して下さい。


ではここから包みと相場について解説します。


包みの1つ熨斗について

お金の包み方も様々ですが、ひな祭りに使われる包みはお祝いやお礼で使われる熨斗(のし)と呼ばれる袋になります。


しかし、熨斗であればなんでもいいというわけではないので注意してください。 黒白や、結び切りなどは決して使わないでください。お葬式用になります。 紅白の蝶々結びのものを使いましょう。


祖父母のお祝い相場

祖父母の相場は¥5,000~¥30,000と幅が広いです。 しかし、ひな人形などをプレゼントしていた場合はお金は包まないという人が多いようです。 両方渡すという人もいますが、相談しながらよく考えて決めましょう。


親兄弟お祝い相場

¥3,000~¥10,000が一般的です。 金額は贈る側の年齢などに関わってきます、大切なのは金額ではなく気持ちなので自分のお財布状況と相談するのがいいでしょう。


お金だけでなく、ちょっとした贈り物と一緒に渡すのが一般的なようです。


友人のお祝い相場

¥3,000~¥5,000程度の金額が一般的と言われています。


友人間の場合は遠方に住んでいるとお金を贈り、近くに住んでいるとプレゼントを贈るという方が多いみたいです。


その時の自分の気持ち次第でどちらを贈るか、両方贈るか考えるといいと思います。


お祝いのお金の渡し方

お祝いの準備ができたら渡し方のマナーを覚えておきましょう。 間違った渡し方をしてお祝いの席を台無しにしないようにしっかり覚えておきたいですね。


袱紗(ふくさ)に包む

袱紗といえば、結婚式やお葬式でも使う重要な包みです。 渡す前に熨斗を袱紗に包むようにしましょう。


袱紗を持っていないときは明るい色のハンカチや風呂敷で代わりをしても問題ないです。


むき出しで渡すのは失礼になるのでよほど仲のいい関係じゃない限りしないようにしましょう。


挨拶をしてから熨斗を取り出す

最初に赤ちゃんのご両親に一礼してください。 そのあと主役の赤ちゃんにも挨拶をしましょう。

挨拶が終わったら袱紗を出し中から熨斗を取り出します。

熨斗に書かれて文字が相手に読める向きにして、両手で手渡しをして下さい。


以上が正しい渡し方になります。 包みにいれたお金を渡すことは人生で何度もあると思うので覚えておいて損はありません。


まとめ

おんなの子にとって大事な行事の1つ「ひな祭り」に素敵なプレゼントを贈り、特別な思い出にしてあげてください。 かわいい赤ちゃんが楽しくなれるよう気持ちを込めたプレゼントを用意してくださいね。