top of page

おつまみがおしゃれに見える!お皿の選び方




おつまみをホテルやレストランのようにオシャレにしたいと思っても、盛り付けるお皿がななか決まらないことはありませんか?同じおつまみでも使うお皿で雰囲気が全然違います。 そこで、おつまみ皿の選び方とおすすめのお皿を紹介します。


おつまみ皿の選び方のポイント

おつまみのお皿は、これを使わないといけないという決まりはありませんが、オシャレに見えるお皿の選び方があるので紹介していきます。


洋風なおつまみには白いお皿を選ぶ

大きな柄が入っているお皿は確かに目立ちますが、おつまみが柄に負けて、あまり美味しそうに見えません。 また、洋風のおつまみとお皿の柄を合わせるのは難しいです。シンプルな白いお皿を選ぶとどんなおつまみにも合うので1枚は持っていて損はありません。


同じ種類で統一する

おつまみに使うお皿をレストランやホテルのように全て同じ種類で統一すると、オシャレで洗練された印象になります。4~5枚持っているとお店のような見栄えの良いおつまみになります。


デザインをあえてバラバラにする

おつまみを盛るお皿をあえてバラバラにすることで、おしゃれに見えることもあります。柄をバラバラにしてみても可愛いですし、素材や形を違うものにしても面白いです。 わざわざ同じお皿を何枚も揃えなくてすむのが魅力です。


おつまみに合うお皿

おつまみを盛るのにピッタリなお皿を紹介します。


スレートボード

スレートボードは、使い勝手がよく便利な上におしゃれなテーブルコーディネートになるので、最近では人気が出てきています。


ストレートボードの上に、枝豆やお刺身を乗せると日本酒にも合いますし、チーズや生ハム、ナッツを乗せれば洋酒にも合います。テーブルに合わせやすく、乗せるだけでお店で出るようなおつまみに大変身します。


豆皿

豆皿は醤油を入れるお皿として定着していましたが、最近ではおつまみを盛るお皿として使っている方も多くいます。豆皿に一口ずつおつまみを盛り付け何種類か並べると、見た目も華やかなおつまみになります。


なんとなくまとまりがないときは、大皿やお盆の上に豆皿を並べればおしゃれにまとまります。


まとめ

お皿の選び方さえ知れば、自宅で雰囲気のいいおつまみが楽しめます。晩酌のとき以外にも、お祝いの席やホームパーティーで大活躍します。大切な人やお友達が遊びにきたときに ぜひ試してみてください。

bottom of page