top of page

角皿を使えばセンス良く盛り付けられる!




角皿はどんな料理でもセンスよく盛り付けられる便利なアイテムです。どの家庭でも1枚は持っておきたいお皿の一つです。しかし、盛り付けが難しいと感じる方もいると思います。 そこで、今回は盛り付け例とおすすめの角皿を紹介します。


まずは長方形の角皿を使ってみよう

焼き魚には長方形の角皿が合います。長方形の角皿は1枚に何種類かの料理を盛り付けるときにも便利です。

丸皿と比べて余白が多くできるので料理がゆったりと見えます。


白色の角皿

盛り付ける料理を選ばす、どんな料理も美味しそうに見えるのが無地の白いお皿です。白いお皿を使えば料理が映えてキレイに見えます。白い角皿は家族分は揃えておきたいアイテムです。


シンプルな白い角皿は和食だけでなく、ティータイムにも活躍してくれます。マグカップとの相性も抜群で、コンビニのスイーツも手作りスイーツも角皿に乗せるだけでオシャレな雰囲気になります。


和モダンの角皿

和モダンなお皿の代表といえば、黒色のお皿です。 黒のお皿も料理の彩りが鮮やかに見えます。黒いお皿に料理のコントラストがとても美しく見えて高級感がでます。


お刺身を乗せれば見た目もキレイで美味しそうになります。短冊を切り、そのまま右から左へ並べるだけなのでとても簡単に仕上がります。


黒い角皿は美しくオシャレな雰囲気になるので、お客様が来た時のおもてなしにピッタリです。


柄付きの角皿

気分に合わせて、柄付きのお皿を選ぶのも楽しいです。シンプルな料理も柄があるお皿に盛るだけで豪華になります。ブルーの柄なら挿し色になってくれるので、料理の邪魔になりません。


柄物のお皿は盛り付けが難しいと思う方は、シンプルな柄に挑戦してみてください。意外に和洋中どれでも相性良く、華やかに盛り付けられます。


長めの角皿

お寿司も一列に並べるだけでオシャレに仕上がります。スーパーで買ってきたお寿司も豪華になります。お寿司以外に、カプレーゼやマリネなども一列に並べるようにすると見違えるようにオシャレになるので、パーティーにもおすすめです。


スクエアの小皿

スクエアの小皿は約12cm程度の大きさが使いやすいです。料理を少しずつディスプレイすると可愛らしい雰囲気に見えます。前菜やちょっとしたおつまみを盛るのに、揃えておきたいお皿です。


大きい角皿でワンプレート

忙しい朝の食事もスクエアの大皿に乗せると、見た目もカフェ風でオシャレになり後片付けも少なくて済みます。


他にも、お菓子を並べてみたりチーズやオードブルを並べてみたり、何を盛り付けても豪華な一皿になります。


おすすめの角皿














まとめ

角皿は難しそうに見えますが、どんな料理でも相性が良く他の食器と合わせやすいです。普段の食事から、パーティーやおもてなしまで使える便利なお皿です。角皿を取り入れてセンスアップしたテーブルコーディネートにしてみましょう。

bottom of page