top of page

しおりのプレゼントに込められた意味は?気軽に贈れて喜ばれるしおりの選び方



読書が好きな方にプレゼントを贈るとしたらしおりが思い浮かびますが、しおりのプレゼントにはどんな意味があるの?と思っている方や、本当に喜んでもらえるか気になる方もいるのではないでしょうか。今回は、しおりをプレゼントとして贈る時の意味と喜んでもらえるしおりの選び方を紹介していきます。


しおりのプレゼントは喜ばれる

しおりのプレゼントはプレゼントとして喜ばれることが多いです。本を途中で読むのを辞める時、読みかけの本を閉じないといけないタイミングがあると思います。そんな時、本を閉じてしまうと読みかけのページを見失ってしまいますし、開いたままの本を机に伏せてしまうと本に癖がついてしまいます。本を持ち運びたい時も開いたまま持ち歩くのは不便なので、しおりがあると便利です。


読書が好きな方はすでにしおりを持っている方が多いと思いますが、複数持っていればその日の気分によってしおりを使い分けできます。また、読みかけの本が何冊かできた時のために何個かしおりを持っておくと安心です。しおりはいくつ持っていても困らないので、プレゼントとして喜ばれるでしょう。


しおりをプレゼントするときの意味

しおりをプレゼントする時、込められた意味があるのか気になるのではないでしょうか。実はしおりに込められた意味や特別な意味はありません。しおりを贈る場面や性別を問わず気軽にプレゼントできるアイテムです。


プレゼントするアイテムには「明確な意味」が込められており、意味を知らないままプレゼントを贈ると相手に誤解を与えてしまったり嫌な思いをさせてしまう可能性もあります。プレゼントで贈る商品には意味を考えて選ばなければならないモノもありますが、特別な意味を持たないしおりは相手の好みに合わせて自由に選ぶことができるため気軽に贈るプレゼントとして人気が高いです。


読書を楽しんでほしいという思いが込められている

しおり自体には意味が込められていませんが、贈る相手に思いを込めてプレゼントすることはできます。

「ゆっくりと読書を楽しんでほしい」

「読書の時間を豊かに過ごして欲しい」

という気持ちを込めてプレゼントしてみてください。


普段から読書をする人にはもちろん、本を読む習慣がない人にも素敵な時間を過ごして欲しいと感じている方にぴったりなプレゼントです。勉強を頑張る人へ問題集やテキストにしおりがあると便利ですし、小さなお子さんに読書の楽しさを知ってもらうためにしおりをプレゼントする方も多いです。


また、しおりには色々な種類のものがあるので、誕生石が付いているしおりを選んだり名入れができるしおりを選んだりすると特別感があり思いが伝わりやすいプレゼントになります。


しおりの選び方

プレゼントで贈る用のしおりの選び方をご紹介します。しおりと言えば、本屋さんで本を購入した時におまけで紙のしおりがもらえることがありますよね。しおりは紙素材のものをイメージする人もいると思いますが、紙タイプのしおりは折れたりヨレたりするのでおすすめできません。


しおりを購入するにあたって贈る相手の好みのデザインを選ぶのも重要ですが、形状や素材も気にして選んでみてください。

長く使ってほしいなら、耐久性に優れている金属製のしおりがおすすめです。折れにくく汚れにも強いです。しかし、本を傷つけてしまうことがあるのでしおりの形状をよく確認しておきましょう。


他にも、革製のしおりもおすすめです。やわからい素材で本への負担も少なく高級感もあります。触り心地がよく、使うほどに味が出てくることも魅力です。


文房具屋やデパートに行けばたくさんしおりが売られているので、実際に見ながら選ぶことをおすすめします。


おすすめのしおり









まとめ

しおりには特別な意味はありませんが、気持ちを込めてプレゼントすればきっと喜んでもらえるはずです。プレゼントする関係性や性別を問わないので、ちょっとしたプレゼントにも最適です。しおりをもらった方が楽しい時間を過ごせるように、選び方を参考に選んでみてください。


Comentários


bottom of page